前へ
次へ

独裁主義になってはいけない理由

子供を育てる場合、様々な親の主観が入りこむことになります。
親は子供のことを自分のものと思っている人が多いため、自分の思い通りにさせようとするわけです。
よくある例としては、「あなたは良い大学に行きなさい」という親になります。
このような親は、子供のためを考えてそのように云っているような感じがしますが、実際にはそのようなことはなく自分のエゴのために支障しているだけです。
近所の子供がよい成績をとっている場合にはとくに対抗心をむき出しにする親もいるでしょう。
もし、自分の子供をちゃんと育てたければ、親の主観をなるべくはさまないことが重要になります。
親の主観を挟んでしまうと、親は子供をコントロールすることになり子供らしさをなくしてしまう可能性があります。
それだけでなく、独裁主義に発展しついには子供自身の自立性を失わせる可能性も少なくありません。
まずは、子供はどのような考えを持っているかを尊重しその子の生き方を考えてあげましょう。

Page Top