前へ
次へ

表計算ソフトで問題を自作して勉強する

自宅にパソコンがある家庭が増え、大人だけでなく子供でもパソコンが使う機会が増えたかもしれません。
パソコンといえばインターネットのサイトを閲覧するために使う人もいますが、それ以外にいろいろなソフトも使えます。
非常に便利なのが表計算ソフトで、通常は集計表などを作成するために使います。
表計算ソフトの機能として関数と呼ばれるものがあり、表示させる情報をいろいろ変化させられます。
この関数を使うと自分で問題を作成してそれを解くなどの勉強もできるのでやってみるといいかも知れません。
表計算ソフトを使うと正解率なども管理もできるので、正解率の低い問題を集中して解くなども可能です。
問題を作成するときに使う機能としては、ランダム機能と並べ替え機能があるかもしれません。
ランダム機能を使うと登録した問題をランダムに出題できるので、順番で覚える弊害を無くせます。
並べ替えによって正答率の高い問題を解くとか低い問題を解くなどができ、その時にやりたい勉強がしやすくなります。

Page Top