前へ
次へ

義務教育の学校を卒業できなかった時は役所に相談

日本では、小学校と中学校は義務教育になっています。
そこに通い続けて中学校を卒業すれば、中卒という状態になる訳です。
しかし人によっては、卒業していない事があります。
体調や資金などの問題があり、中学校を卒業していない方もいる訳です。
ですが卒業できなかったとしても、諦めるのは早計です。
自治体による試験や教育機関があるからです。
例えばある自治体には、義務教育の認定試験があります。
病気などのやむを得ない事情があった方に対しては、試験に合格すれば中卒として認められます。
そうかと思えば、自治体によっては通信教育もあります。
本来は小学校や中学校には通学し続ける必要がありますが、やむを得ない事情があった時でも、自治体が通信教育の機関を紹介してくれることがあります。
ちなみに問い合わせ先は、自分が住んでいる地区の役所になります。
何らかの事情があって、中学校を卒業するのは難しかった時は、役所に相談してみると良いでしょう。

Page Top